Latest

なにこれ怖い…中古で買った家の間取りが変で、後一部屋ありそうな場所の壁を壊すと… ⇒ コトリバコの儀式跡のようなモノが出現!


「コトリバコ」と呼ばれる儀式があり、地域や年代で扱う内容や道具などが違うとは思いますが、ピクシブ百科事典によりますと…

概要(箱)

とある集落で過酷な迫害に抵抗するために外部から持ち込まれた呪術を基に製作された呪いの小箱とされている。
水子の死体の一部などを細工箱のような小箱の中に入れて封をし、パズルや置物などともっともらしい嘘をついて殺したい人物の身近に置かせる。
但し、この呪いは呪詛の中でもかなり強力なものであり、その呪いは製作者本人でさえも制御できず、下手をすれば自分たちさえ殺しかねないような危険な代物だった。(何年か経過したのちに村の子供がコトリバコの一つを知らずに持ち帰ってしまい、その日のうちに家の女子供が死に絶えている。)
時間が経過しても呪いは衰えず、さらに呪いの性質上解体ができないため、神社や寺などで長い永い年月をかけて少しずつ清めることでしか呪いを薄めることはできなかったようだ。
その製作法ゆえか、女・子供を苦しんだ上で殺すという、まさに子孫を奪う「子獲り箱」なのである。

なお、何人の水子の死体を使用するかによって呪いの強さが大きく変化し、一人から順に「イッポウ」「ニホウ」「サンポウ」「シホウ」「ゴホウ」「ロッポウ」「チッポウ(シッポウ)」「ハッカイ」という順番で強力になっていき、名前も変わっていく。
特に「ハッカイ」は非常に危険な代物であり、呪詛を伝えた人物が二度と作ってはならないと念を押した上で、対価として貰い受けている。

出典:ピクシブ百科事典

と、あります。映画やドラマなどにも登場する、オカルトファンなら一度は聞いた事があると思う「コトリバコ」。

ことりばこ 予告編


この儀式が行われていたかもしれない部屋が見つかった…!と話題です。。

ツイッターより


ツイッターの反応


出典:なかじまきんに君

幽霊などを信じていなくても、こういう儀式跡…へその緒とか髪の毛とか実態があるモノは、生々しくて耐えられないモノがありますよね。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*