Latest

写真📷の様に見える“ハイパーリアリズム”で描かれた芸能人たちのイラスト✍に驚愕


ハイパーリアリズム(フォトリアリズム、ニューリアリズム、シャープ・フォーカスなどともよばれる)と呼ばれる写真と見間違うほど超精密に描く画法があります。

ハイパーリアリズム2

その歴史は古く、1960年代後半から70年代はじめごろにアメリカから始まったとされ、鉛筆一本のモノクロのモノから、フルカラーの写真のようなモノまで描かれています。

ハイパーリアリズム

日本でも色々なアーティストが描いていますが、古谷振一(‏@shtt4881)さんが鉛筆1つでアイドルや女優さんなどの有名人を描いたイラストが凄い!とSNSで話題になっていましたので、ご紹介します。

ツイッターより


https://twitter.com/shtt4881/status/718388661616832513

出典:古谷振一

YouTube動画


鉛筆画 石原さとみ 完成までの一部始終 動画 早送り

鉛筆画 有村架純 完成までの一部始終 動画 早送り

鉛筆画 新垣結衣 完成までの一部始終 動画 早送り

鉛筆画 広瀬すず 完成までの一部始終 動画 早送り

出典:shtt4881

油絵や水彩画などと違って、ハイパーリアリズムは一部分ずつ完成していく所が、独特な感じがしますよね。

漫画家さんたちがコピックで色を塗るときも、全体的に何度も塗り重ねて色の調整がされたりしていくので、部分的に完成していく絵は不思議な感じです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*