Latest

地雷を踏んでしまったアジアゾウ🐘、特注の義足を貰う


タイと、ミャンマーの国境で生後七か月の時に地雷を踏んでしまい、片足を失ってしまったアジアゾウのMoshaは、専用の義足を装着しています。

アジアゾウ

Moshaが生活するランパンのゾウ保護センターの職員は、体が大きくなり、この義足を使い続けると他の足に負担が掛かり、危険だと気が付き、新しい義足作成を依頼しました。

アジアゾウ2

Moshaは、2007年に初めて義足を貰いました。

当時の金型だとかなり大きさが違うので、今回、新たに型を取り直しました。

アジアゾウ3

この象のMoshaは地雷を踏んで負傷してしまった時の体重は約1300ポンド(約590kg)程でしたが、今回、義足を作り直すにあたって体重を量ってみると…現在は4400ポンド(約2000kg)を超えていました。

アジアゾウ4

この像のほかにも、1995年に地雷を踏んでしまったMotolaも、新しく義足を作って貰いました。

アジアゾウ5

Motolaは、足の欠損した部分的に義足に負荷が変にかかり、義足と相性が悪く床ずれ(褥瘡)が起きやすく問題があります。

アジアゾウ6

ミャンマーとタイの国境では、戦後数十年の現在でも、多数の地雷がまだ放置されています。。

アジアゾウ7

出典:catdumb

人間の義足とは、また違った知識が必要ですよね。

2トンですし、その体重に耐えられて軽い物質を探すだけで大変そうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*