Latest

総額520万! トランジスタ4万個LED1万個の超巨大な16bitコンピュータを自作しテトリスをプレイする男


ホビー目的で1960年~1970年代風の超巨大コンピュータ「Megaprocessor」を英国ケンブリッジ在住の技術者ジェイムズ・ニューマンさんが自作しました。

Megaprocessor_R

この「Megaprocessor」はトランジスタ4万個、LED1万個、全長約10m、高さ約2m、総重量500kgの超巨大サイズですが、性能は一昔前のゲーム機にすら負けてしまいます。

Megaprocessor2_R

Megaprocessor3_R

制作期間約4年、制作総額4万ポンド(約520万円)もかかっています。

Megaprocessor4_R

ホビーの領域を超えた時間とお金が費やされた巨大マシンで、ヘタクソなテトリスをプレイします!

Megaprocessor5_R

動画でご覧ください💻


このアナログな感じ、たまらないですよね。
 個人的には壁や天井をこういうモノで壁紙の様に覆いたい所です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*