Latest

美しい✨37000フィート(約11キロ)上空で撮影された積乱雲


ボーイング767-300で南アメリカへ向かう、エクアドル航空会社のパイロットのサンティアゴ・ボルハさんが、上空37000フィート(約11キロ)を飛行中に美しい雷雲を発見!

いつも持ち歩いている私物のニコンD750カメラを構え、撮影に挑みましたが三脚を持っていなかった事や、落雷の衝撃で撮影の難易度は高かったと言います。

上空11キロは、地上(地表)から10kmくらいまでは対流圏、10km~50kmは成層圏と呼ばれています。 成層圏で撮影された美しい雷雲をご覧ください⚡☁

Pilot-Flies-Above-The-Thunderstorm-To-Get-A-Perfect-Shot-Of-It-At-37000-Feet-577fab1cf05ed__880

西ベネズエラで昨年、撮影に成功した積乱雲の写真も素晴らしいです。

Pilot-Flies-Above-The-Thunderstorm-To-Get-A-Perfect-Shot-Of-It-At-37000-Feet-577fab208a13b__880

コレだけだと少し寂しいので、宇宙飛行士のスコット・ケリーさんが宇宙から撮影した美しい写真をご覧ください✨

211-1

1110

22-10-1

32-2

42-2

71

91

131-1

出典:catdumb

やっぱり積乱雲を見ると…「竜の巣だ!」って言いたくなりますよねw

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*