Latest

アメリカ大統領はストレスに蝕まれ就任前と就任後でどれ程顔が老けてしまうのか? 歴代大統領10人の比較写真

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2009年に第44代アメリカ合衆国大統領に就任したバラク・オバマさんは、8月4日で55歳になりました。

巨大なアメリカ大国の色々な問題に挟まれ、ストレスまみれの生活を送った9年ほどで、顔の印象がかなり変わってしまっています。

大統領としてのストレスと顔の老化は、オバマさんだけでは何とも言えない部分もありますので、その他の主要10名の比較写真もご覧ください。

#1 Barack Obama 2008-2016


#1 Barack Obama 2008-2016

#2 Abraham Lincoln 1861-1865


#2 Abraham Lincoln 1861-1865

#3 Franklin D. Roosevelt 1933-1945


#3 Franklin D. Roosevelt 1933-1945

#4 Dwight D. Eisenhower 1953-1961


#4 Dwight D. Eisenhower 1953-1961

#5 Harry S. Truman 1945-1953


#5 Harry S. Truman 1945-1953

#6 Ronald Reagan 1981-1989


#6 Ronald Reagan 1981-1989

#7 John F. Kennedy 1961-1963


#7 John F. Kennedy 1961-1963

#8 Richard Nixon 1969-1973


#8 Richard Nixon 1969-1973

#9 Bill Clinton 1993-2001


#9 Bill Clinton 1993-2001

#10 George W. Bush 2001-2008


#10 George W. Bush 2001-2008

出典:boredpanda

こういうの、照明とか顔の表情が酷いのを選ぶ傾向がありますが、ほとんどの人が10年未満なのにシワとかシミとか、本当に老けている人は老けていますよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*