Latest

【リオ五輪】 卓球女子団体シンガポールを破り銅メダル! 3人のインタビュー動画

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

卓球女子2_R

卓球女子3_R

<五輪卓球>日本の3人娘、粘った「銅」

五輪卓球

卓球女子4_R

リオデジャネイロ五輪第12日の16日、卓球女子団体3位決定戦で石川佳純(23)=全農、福原愛(27)=ANA、伊藤美誠(15)=スターツ=の日本は、シンガポールに3-1で勝ち、前回ロンドン大会の銀に続く、2大会連続のメダルを獲得した。

勝負を決めると、15歳の伊藤は拳を突き上げて喜びを表現した。エースの石川、主将の福原が駆け寄り、歓喜の輪ができる。そして、涙、涙、涙。日本はシンガポールを破り、2大会連続のメダルとなる銅メダルに輝いた。

 2日前の準決勝の悪夢を振り払った。ドイツとの準決勝は福原のシングルスによる第5試合までもつれ込む熱戦となったが、最後は相手の返球がエッジにあたって方向が変わる不運な結果で幕を閉じた。だが、この日はエッジボールが流れをいい方向に変えた。

 第1試合のシングルスで福原が敗れたが、エース石川が奪い返して1-1で迎えた第3試合の福原と伊藤のダブルス。序盤はミスが重なり、ラケットの振りも鈍かった。最初のゲームを競り合いで落とすと、続くゲームも苦しい展開。だが、10-9から伊藤が体勢を崩しながら放ったバックハンドの一打が相手コートのエッジをかすめて得点となり、このゲームを奪った。

 これで伊藤が元気になった。目の覚めるような強気なフォアで攻め、一気に9連続得点。完全に流れを取り返した。連戦の疲れからか試合途中で右脚にテーピングをするなど満身創痍(そうい)の福原も一回り年下の伊藤を隣で鼓舞。勢いに乗った伊藤はシングルスの第4試合でも完勝してメダルをたぐり寄せ、初出場の五輪ですっかり主役となった。

 日本女子は前回ロンドン五輪で日本勢初のメダルとなる銀メダルに輝いた。その後は2014年、16年の世界選手権でいずれも準優勝。4年間、世界ランキング2位の座を守り続けてきた。だが、リオ五輪では準決勝でドイツに敗れて3位決定戦に回っていた。最後に勝利で締めくくり、2大会連続のメダルでプライドを死守した。【田原和宏】

出典:Yahoo!ニュース

卓球女子_R

【NHKリオ】卓球の神様が最後にほほえんだ!チームでつかんだ銅メダル!

【NHKリオ】「お母さんはちっちゃくて見えなかった(笑)」伊藤美誠インタビュー

【NHKリオ】「最高によかった(涙)」石川佳純インタビュー

【NHKリオ】「足を引っ張ってばかりで・・・」福原愛インタビュー

石川佳純さん、試合中が怖いですけど、やっぱり可愛いですよね~
 レッドカードの時の姿とかもキュンと来ましたw

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*