第89回アカデミー賞最優秀作品賞に選ばれた「ムーンライト」がウォン・カーウァイ監督の映画に影響を受けまくり!の比較映像


第89回アカデミー賞最優秀作品賞に選ばれた「ムーンライト」は、発表時のハプニングばかり報じられていましたが、助演男優賞に選ばれたマハーシャラ・アリは黒人俳優として12年ぶりの受賞だったりします。

この作品のバリー・ジェンキンス監督が影響を受けた事を公言している、香港のウォン・カーウァイ監督の数々の作品…

欲望の翼(Days of Being Wild, 1990)
花様年華(In the Mood for Love, 2000)
ハッピー・トゥギャザー(Happy Together, 1997)

これらのカメラアングルなどを「ムーンライト」はかなり参考にしているようで、比較映像が作られました。

Moonlight and Wong Kar-wai


今回のアカデミー賞はドナルド・トランプの問題で、人種差別モノなどを優遇しているような感じで…何か露骨で微妙でしたよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください