Latest

【動画あり】毎年8000キロを旅するペンギン🐧 命の恩人に会うために…

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2011年、ブラジル・リオデジャネイロの沖の小さな島の海岸で、油にまみれて息も絶え絶えのマゼランペンギンをジョアオ・ペレイラ・デ・ソウザ(Joao Pereira de Souza)さん(71)が見つけました。元レンガ職人で今はパートの漁師として働くジョアオさんはペンギンを“ジンジン”と名づけ、羽にこびりついた黒い油を丁寧に落とし、魚を捕まえては食べさせて上げました。

ペンギン

1週間後、すっかり元気になったジンジンを自然に帰そうと試みたジョアオさんですが、ジンジンはジョアオさんの元を離れようとはしませんでした。その後11か月を一緒に過ごしたものの、羽が生え変わった直後にジンジンは突然姿を消してしまった。

ペンギン

もう二度と会うことはないだろうと思っていた2か月後のこと、ジョアオさんは地元の海岸で自分の目を疑いました!あのジンジンがジョアオさんを見つけると歩み寄ってきたのだ。そしてその年を境に、ジンジンは毎年6月になるとジョアオさんの元にやってきて8か月を一緒に過ごし、繁殖期になる2月になるとアルゼンチンやチリ沖に帰っていく生活を続けているという。

ジョアオさんは「ペンギンは大好きだよ。まるで自分の子供のようさ。ジンジンも私のことが大好きなんだと思う」と顔をほころばせる。

ペンギン

ジンジンは私以外は寄せ付けないんだ。みんな触ろうと寄ってくるけどつつかれてしまう。でも私だけは特別みたいで、膝の上に乗せてもへっちゃらさ。シャワーも浴びるし、魚を食べさせるのも私の仕事さ」と嬉しそうだ。ジンジンはジョアオさんを見つけると、喜び勇む犬のように尾羽を振り、嬉しそうに鳴く。

ペンギン

生物学者のジョアオ・パウロ・クラジェウスキー(Joao Paulo Krajewski)さんは「こんなケースは見たことがありません。ジンジンはジョアオさんのことを同類のペンギンであり家族だと思っているんでしょう」と話している。ジンジンは年を追うごとにジョアオさんに甘えるようになり、今ではお互いに欠かせない存在になっているようだ。

ペンギン4

🐧動画🐧


Patagonian Penguin Finds Second Home in Brazil

出典:boredpanda

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*