Latest

【写真あり】鼻が生まれつき2つある犬🐶、殺処分直前に奇形動物コレクターに引き取られる

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

鼻が2つあるオーストラリアンシェパードの「トビー」は、前の飼い主に捨てられた後、殺処分前に新しい飼い主に引き取られました。

鼻

トビーを引き取ったのは、トッド・レイ氏。レイ氏は頭が2つある動物のコレクターということで、ギネス記録に登録されています。トビーは生まれつき鼻が2つあるため、前の飼い主に捨てられてしまったと考えられています。

イヌの鼻

レイ氏は次のように話しています。

「トビーは野犬捕獲員に保護されたんだ。僕はトビーのことを聞いて、彼らにコンタクトを取ったところ、もう少しで殺処分というところだったんだ」「でも、トビーは優しい犬で、ハグやボール遊びをするのが大好きなんだ」

「僕は奇形動物が好きなんだ。そして、彼らは魔法のレッスンによって、教えてくれるんだ。 彼らの容姿のユニークさから、“普通”ということは存在しないということをね」

「残念なことは、ただ単に見た目が普通ではないということだけで、鼻が2つある犬を殺処分してしまうことだ。引き取り手が現れる前にね」

http://www.indianews.top/%E4%B8%E7%8C/56574588.html
ここまで大きくなってから捨てたのですかね?

人間でも口蓋裂などの病気は良くあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
About the author

ポコペン

携帯電話がカラーになる前ぐらいから、『壁紙先生』という待ち受け画面サイトを魔法のあいらんど何かでやってました… 当時を知って居る人が居たら嬉しいな。

Be the first to comment

Leave a comment

Your email address will not be published.


*